毛周期は部位ごとに異なる

毛周期と脱毛との関連性

毛周期とは、毛が生えて抜けるまでのサイクルを表した言葉であり、毛が生えて抜けるまでの工程を〇〇期というようにわけて毛の成長状態をわかりやすくしたものです。

毛周期には、成長初期→成長期→退行期→休止期の期間があり、レーザー脱毛やIPL脱毛という従来の美容脱毛では、成長期の毛に施術をすることで脱毛効果を得ることができるとされています。レーザー脱毛やIPL脱毛は、毛のメラニン色素に反応させることで毛根にダメージを与える脱毛方法なので毛が最も成長しているタイミングでの施術が必要なため成長期の毛に対して施術をしなくてはなりません。そのため成長期の毛に施術するためにも2、3ヶ月に1回という長い期間を開けながら施術を行う必要があります。
一方でビューティフルCLが採用している脱毛方式SHR脱毛は、施術につきましては最短2週間に一度毛周期に関係なく施術することができます。施術を行うタイミングについては蓄熱式の脱毛方式のため毛の成長具合が脱毛の効果に直結するわけではないため毛周期に関係なく施術をすることが可能です。

しかし、効果が現れ始めるのは毛周期でいうところの休止期となり、自然と毛が生え変わるタイミングにならなければ効果を実感することができない脱毛方式になります。そのため毛周期のタイミングが合えばすぐにでも脱毛の効果を実感することができますが、効果が表れるのに時間がかかってしまう恐れがある脱毛方式となります。

部位ごとの毛周期

部位成長期退行・休止期
ひげ約6ヶ月〜1年約3ヶ月
わき約4ヶ月約3ヶ月
腕・足約3〜4ヶ月約5〜6ヶ月
VIO約1〜2年約1〜1年半
※毛周期は個人差があるのであくまで目安として参照ください。

SHR脱毛のおすすめの通い方

SHR脱毛の施術は、毛周期と成長期、退行期や休止期に問わず施術を受けることができます。しかし、効果を得られる期間は休止期なので初めはあまり効果を実感できない方もいらっしゃいます。そんなSHR脱毛の効果的な脱毛の通い方としては、通い始めはしっかりと2週間に1回の施術を受けて頂き、バルジ領域や毛母細胞にしっかりとダメージを与えることで抑毛効果をしっかりと感じて頂き、全体の毛が一度休止期になった頃まで2週間に1度の施術を受けて頂き、それからは月に一度の施術に変えて頂き毛の様子を見ながら施術頻度を調節していくという通い方をお勧めします。

毛周期を完璧に把握することは、各部位の全ての毛が同じ期間に成長初期や休止期が訪れるわけではないためほぼ不可能ですが、効果の表れるまで高頻度で通って頂き、ある程度毛が薄くなった状態になったらメンテナンス感覚で施術に通うことで薄くなった毛をきれいに脱毛していくという方法を多くのお客様が行なっています。

脱毛は、毛や肌の状態によって効果の異なる施術であるため全員におすすめの方法ではありませんので参考程度に読んでくださると幸いです。