ホクロができる原因と対処方

ホクロとは何なのか?

ホクロは、メラニン色素という肌を黒くしたり、シミやそばかすなどを作る細胞、メラノサイトが変化してできる良性のものであり、ホクロがあるから体に害があるということではありません。ホクロができる仕組みとしてイメージとしてはそばかすやシミがさらに黒くなってしまったものになります。

シミやシワについてはできる原因や因子が解明されていますが、ホクロについてはまだまだ解明されてはいませんが、おおよそホクロができる原因として遺伝と紫外線が主な原因と考えられています。

あまり知られていませんが、ホクロにはできる原因によって単純黒子、色素性母斑、老人性色素斑といったように種類が分かれています。

単純黒子

単純黒子は、幼児期から直径数ミリの大きさのものであり、メラニンが集まってできたホクロです。

色素性母斑

後天的にできたホクロの大半が色素性母斑であり、メラニンを生成しているメラノサイトが皮膚に何層にも重なってできるホクロです。

老人性色素斑

加齢に伴いできやすくなるホクロであり、主な原因は紫外線によってできるシミが元となってできるホクロです。

ホクロにはこのように種類が分かれていますが、色素性母斑、老人性色素母斑がホクロの大半の正体です。大きさによってはホクロではなく悪性のできものの可能性があるため直径6mmを超えるようなものやホクロと皮膚の境目が曖昧なものができてしまった場合は病院で検査を受けてみることをお勧めします。

脱毛することでホクロは増えてしまうのか?

脱毛は光を当てることで効果を得られるものであるため、ホクロができてしまう原因のひとつである、紫外線と関係があるのではないかという不安があるかもしれませんが、光をあてることによってメラノサイトが活性化することはなく、ホクロができる原因になることはありません。

ホクロ対策には何をしたら効果があるのか?

ホクロができる原因は、正確にこれだということをいうことはできませんが一般的に遺伝や紫外線、日々のストレス、ホルモンバランスの乱れだと言われています。

そのため外出する際は、日焼け止めを使用する、肌の露出を減らす、帽子などを被るなどの紫外線対策を行うことを推奨します。その他のホルモンバランスやストレスについては食事の偏りや睡眠の質を上げることでもかなり改善することができると考えます。

まとめ

肌を綺麗な状態を保ちたい方はたくさんいると思いますが、美肌を目指すためにはまずは健康を意識することがすぐに取り組めるうえ最大限の効果を発揮してくれる肌ケアになります。すぐには効果がでることはありませんが、3ヶ月も健康に気を使った生活を行えば肌の調子もかなり変化があると思われますのでぜひホクロだけでなく、肌についての悩みをお持ちの方は健康に気を使った生活を意識することが一番なのかもしれません。

最後にホクロができる原因はわかりませんが、基本はとしてはメラニン色素の生成が行われた結果、それがホクロになるためメラニン色素の生成を抑制するといわれているビタミンCなどをサプリメントで摂取することも解決策のひとつとも考えられますのでサプリメントの使用も視野に入れてみると良いかもしれませんね。